1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 03:25:45.191 ID:b8wiE06z0.net
ぶっちゃけ文学がすごかったのってギリシアとか源氏とかの古代と19世紀20世紀ぐらいなんだよな
名作も数えてみたら少なそう

2:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 03:27:09.826 ID:P/xig/4c0.net
アニメは行けそうだけどマンガは無理だな最近のマンガは冗長すぎる

5:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 03:28:11.490 ID:b8wiE06z0.net
>>2
売るために余計なものゴテゴテ付け過ぎな感じだよな
手塚とか水木しげるぐらいまで一旦戻るべきか

15:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 03:36:32.247 ID:P/xig/4c0.net
>>5
もう戻れないだろ
出版社の事情と読者の質もあるからな
新しいコンテンツにシフトするんだと思うよ

3:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 03:27:14.817 ID:1+pksoOF0.net
いいのがこの時代まで残ってるだけで何てことない作品もどの時代にも山のようにあるわ

9:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 03:28:59.619 ID:b8wiE06z0.net
>>3
残ってるものの中にも何てことないの山ほどあるだろ
芥川とかその典型



6:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 03:28:17.945 ID:g640Caqm0.net
ワンピースは漫画界に一応歴史を残したな

11:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 03:30:25.534 ID:b8wiE06z0.net
>>6
海賊っていうかドラクエだよなあれ…
交易とか全然出てこないしキャラだけでしょ

7:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 03:28:37.288 ID:l9HC4apl0.net
ないない
今出てくるクリエイターってアニメ漫画しか見てないやつ多いよ

8:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 03:28:45.020 ID:gM9MOYvN0.net
壮大に広がる雲ひとつない空
言葉はこれだけでイマジネーションを起こせるけど
アニメや漫画は実際描かなきゃだしなあ

10:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 03:29:48.575 ID:SMWIhwgUM.net
大衆娯楽としてもう漫画もアニメも100年先まで残りそなものは多いだろ
最近のは知らんが過去作ならいくらでも候補がある

17:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 03:39:04.240 ID:1Nsq3/150.net
>>10
100年前の文学が大衆的だったとでも?

文学は学問だからミーハーなものは書くなっていうような風潮ははびこっていて
最も優秀なジャンルが城の崎にてに代表されるようなノンフィクションの手記みたいなのな時代の文学が大衆的?

18:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 03:42:11.272 ID:b8wiE06z0.net
>>17
志賀なんてジャップガラパゴスの典型じゃん?
評価に値しないとみなされる

19:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 03:45:49.596 ID:1Nsq3/150.net
>>18
文化ってのはその土地の土着の思想が根底にあるものだと思うんだけど
国際的かつ大衆的に評価されている作品なんてそうそうないと思うんだが
それに比べようとしているアニメや漫画がほぼ日本産な時点で海外文学を基準にするのはおかしい

23:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 03:56:57.662 ID:b8wiE06z0.net
>>19
あー、世界的に評価されてるものとしてギリシアとか1920世紀とか言ってるって前提がわかってなかったのね
シェイクスピアとかさ

12:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 03:32:17.478 ID:1Nsq3/150.net
文章を絵にすると状況はわかりやすくなる代わりに表現の幅は乏しくなるよな
それだけだと文学の一強なんだが声や音楽を加えるとどうなるかわからん

14:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 03:34:53.757 ID:fE3L9cdM0.net
芥川なんてことないとか
その類いなら太宰だろ

16:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 03:38:53.300 ID:fTYAkmEl0.net
最近の子どもは漫画を読まなくなって人の表情とか仕草の意味が読み取れなくなったって新聞記事が前あったな
小説は感情なんかを言葉で言っちゃうから視覚から他人の感情を推測することが出来なくなってるんだと

20:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 03:49:51.660 ID:X1PgVxtw0.net
寧ろ漫画アニメはそういう方向に進んじゃ駄目だろう。

文学とは違ったマイノリティでの発展を確立していたのに、
最近の漫画は大衆に目を向けすぎて、表現の幅がどんどん狭まってる。
70~80年代みたいな革新的だったり挑戦的な漫画が台頭しなくなってしまった。

21:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 03:53:00.789 ID:1Nsq3/150.net
>>20
漫画は知らんがアニメは演出家のこだわりが随所にみられるわけだが
斬新なアニメならまだそこそこ見ることができる
それを視聴者がくみ取るかどうかは別として

26:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 03:58:45.385 ID:X1PgVxtw0.net
>>21
そうかもしれないな。アニメの方がまだ発展していきそうだ。
漫画の方は今の盛り上がりを維持し続けるのは少し厳しいかもしれないな…。

22:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 03:53:16.369 ID:n3vAahLu0.net
国内の話なら文学の権威がおおむね出来上がってるから無理じゃね
文化としての影響力ならもう越えてるだろ

25:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 03:58:02.068 ID:b8wiE06z0.net
>>22
世界的に見ての話な
現代日本文学なんてゴミしかないしもう誰も興味ないだろ

24:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 03:57:58.153 ID:A7MHfAfd0.net
100年後に読まれる漫画なんてあるのかねえ
いまみんなもう文字なんかだるくて読まなくなってソシャゲやってるじゃん
二十二世紀には与えられた信号でアヘ顔しながら脳汁出すだけの生き物になってて文化すらなさそう

27:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 03:59:12.266 ID:b8wiE06z0.net
>>24
貧困層はそうなってそうだけどエリートがそれじゃ危ないだろ

30:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 04:03:35.882 ID:A7MHfAfd0.net
>>27
えっなにが危ないの?

31:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 04:06:21.730 ID:b8wiE06z0.net
>>30
識字能力とか退化して脳内麻薬中毒じゃエリート職は無理だろ
アルツハイマー発症も進みそう

44:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 04:17:06.598 ID:A7MHfAfd0.net
>>31
あーでもそれはしょうがなくね?人工知能の発達があと30年後には頂点を迎えるわけで
もう早慶の入試もAIは百パー受かるし未来にはエリートの定義もいまとは変わってるだろうね
AIは文化方面にも当然くるし実際コンテンツ産業というか人文系の未来は暗いよ

47:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 04:20:03.171 ID:b8wiE06z0.net
>>44
日経サイエンスあたり真に受けてんのかな
人工知能に期待しすぎや

57:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 04:38:16.587 ID:A7MHfAfd0.net
>>47
危機感あるのかないのかわからんやつだなー
俺が言ってるのは文学ガー漫画ガーとか言ってること自体が危機だってこと
だから最初にソシャゲの話をしたし人工知能の台頭にふれたんじゃん文脈を汲んでくれよ

28:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 03:59:37.779 ID:b8wiE06z0.net
アニメは漫画も小説も取り込めるもんな

32:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 04:06:30.345 ID:tbDGPmN10.net
今の時代を象徴する表現ってなると
ユーチューバー等の動画作者やアプリ開発者とかそっちに行く気がするわ
漫画やアニメは表現というより職人の労働って感じがするわ

35:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 04:12:09.976 ID:b8wiE06z0.net
>>32
ユーチューバーは芸人みたいなもんだろ?
アプリというかゲームか。でもゲームもなんか進歩ないよな

33:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 04:07:38.908 ID:MncQUuG40.net
アニメと比べるなら普通映画だと思うけど何で文学?

34:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 04:10:26.204 ID:b8wiE06z0.net
>>33
日本映画が今どうしようもないぐらいゴミだから

36:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 04:12:18.564 ID:aVGO91fD0.net
超える必要があるのか甚だ疑問である

40:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 04:15:22.262 ID:b8wiE06z0.net
>>36
必要性の話はしてないが?

37:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 04:13:01.898 ID:MncQUuG40.net
文学はギリシアとシェイクスピア持ち出すのに映画は日本限定なのかよwww

40:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 04:15:22.262 ID:b8wiE06z0.net
>>37
映画はもう溝口とか小津とか色々あるからな…
アニメは今が旬って感じがする…いや、もう旬過ぎてるか…

38:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 04:13:18.749 ID:gO2lSeT40.net
啓蒙とか哲学要素とかを含めばいいんだろ
松本大洋とかがやってるじゃん

39:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 04:14:22.378 ID:V4gkBXAOa.net
アニメオタクってやっぱり頭悪いんだな

41:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 04:15:40.640 ID:HupYbfgY0.net
そもそもなんだけど何をもって越えるというのか
地位とかそういうこと?

42:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 04:16:48.475 ID:M4lxeK3H0.net
文学性では無理だろ
ラノベ深夜アニメの流れが出木て以来逆行してる
評価する土壌がどんどんなくなっていってる

43:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 04:17:04.251 ID:MbwSMg6I0.net
>>1は割と当たってるし文学が影響力を持ってたのはサルトルが実存を云々してた20世紀半ばくらいまで

でも漫画アニメは商業ベースに乗っかるのが早すぎたから文学は越えられない
ていうか文学も漫画アニメも等しく落ちぶれてる
落差が激しいぶん文学の方が衰退して見えるだけ

45:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 04:17:46.710 ID:PnG2bO0g0.net
遺すためのものか見せるためのものかっていう時点で比べるもんじゃないだろ

46:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 04:17:51.379 ID:X1PgVxtw0.net
70~80年代、特に顕著なのは花の24年組に代表される少女漫画の革新的表現っていうのは
当時の熱心な漫画読者、高いリテラシーを持ったファンと共に成長して来たからこそ成功したんだ。
でも、社会的に大きな地位を獲得し、新たな読者の獲得に走った漫画はより分かりやすく、
受け入れられやすい型を重視するようになった。
つまり常に新しい刺激を求めてずっと漫画と共に成長して来た読者を裏切ってしまったんだ。
そしてそのツケが回ってきて、右肩下がりの発行部数に大慌てしてるのが今の大手漫画出版社の現状。

48:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 04:20:56.081 ID:PnG2bO0g0.net
人工知能が完成することなんてあるのか?
機械に管理される世界とか誰も望まないだろ

49:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 04:21:13.081 ID:M4lxeK3H0.net
少なくとも今のオタク文化と文学性は相性が悪い
むしろオタクからはサブカルと言って忌み嫌われ、一般人向け(ヲタに対する)の実写映画の方とかに拾われてる

50:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 04:22:45.135 ID:b8wiE06z0.net
アニメはやっぱりお金かけないといいの出来ない傾向が強いか…

51:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 04:23:44.859 ID:n3vAahLu0.net
人工知能は進歩するだろうけど未知のことを
正しく判断するものではないから勘違いしてそう

52:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 04:29:16.837 ID:M6Es29940.net
何で人工知能の話してんだこいつら

53:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 04:30:31.361 ID:M4lxeK3H0.net
こうの史代の夕凪の街桜の国なんか超王道なのに
あれだけの大賞をとっておきながら2chなんかでは全く名前が上がることはなかった
この時点で温度差がある、そして実写に拾われた
この世界の片隅でにしても片渕須直と組むというかなりの布陣でありながら危うく頓挫しかけた
他の例を見てかぐや姫の物語は50億かけたゴミ扱いだし、プラネテスなんかも一定の評価はとは言え結局広たのはNHKだ、オタク側の自主性に欠ける
こういう例がいくらでも挙げれる
旧来的な文脈に沿った芸術性を評価するという芽は絶たれてるに等しい

54:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 04:33:38.967 ID:M4lxeK3H0.net
24年組の系譜はマイナーになってしまったね
ぶ~けとかが頑張ってた頃はまだ元気だったけど
吉田秋生の海街diaryとかも結局実写が拾った

55:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 04:36:02.981 ID:MbwSMg6I0.net
栗本薫っていうか中島梓が
「ホ●漫画を読む女は現実の恋愛から逃げてる」って言ってたけどその通りだと思うわ
萩尾望都とか何が面白いんだって感じ

56:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 04:37:45.460 ID:tbDGPmN10.net
超えるって意味が
50年、100年と人々に楽しまれ続けて文化的価値の高い物として扱われるかどうかって
ことならそんなのはその時代の人々が選ぶことだから
今は何もはっきりしないだろうな
当時はしょうもないような下らんもんにすぎなかった物が
今大事そうに扱われてたりするからな

58:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 04:46:13.828 ID:M4lxeK3H0.net
なんやかんやで芸樹や文化なんてそう簡単にはなくならないと思うけど
娯楽から芸術性や文化性を排除してプロセスのない脳汁発生装置としての機能を求められる方にシフトしてるってのは確かだよね
まあ実際射幸心煽るのって合理的だし、合理性は文化を滅ぼす
ドラッグだわ

59:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 04:51:01.522 ID:X1PgVxtw0.net
いや、BLは漫画の中では結構馬鹿にできないジャンルだぞ。
あのジャンルは読者を凄く大切にしてるし、読み手も拘り持った濃い人間が一定数以上いる。
今の漫画業界がどんなに廃れてもついて来てくれる貴重なファンを獲得してると思う。

2次創作、所謂腐向けと言われる系列はちと違うが。

60:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 04:52:20.589 ID:M6Es29940.net
読者をすごく大切にしてるのはそうしないと潰れるからだろ

61:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 04:53:38.942 ID:tbDGPmN10.net
みんな素直に楽しむために消費してた程度の物だろうな
残る物ったら
これはきっと良い物のはずだから文化的価値のあるものとして残そうみたいなことを
意図的にやろうとすると逆にみっともないことになっていくんじゃないかと思う
社長の銅像がロビーに飾ってある田舎の中小企業みたいな

62:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 04:55:45.742 ID:M4lxeK3H0.net
まあホ●と耽美とブンガクって切っても切れない縁ですしね

63:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 04:58:57.275 ID:X1PgVxtw0.net
読者を蔑ろにしたら、どんなジャンルでも寿命を縮める結果になるよ。

66:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 05:54:00.976 ID:sfSixlgG0.net
>>63
本関係はともかくアニメとかは視聴者側が完全にダメになってるから
蔑ろにしないと逆に衰退しそう

64:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 05:06:24.872 ID:M6Es29940.net
日本っていう土台がもう文化的にも文学的に価値ないしな現代は
辛気臭い

65:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします: 2016/02/05(金) 05:32:56.776 ID:tDj9x7hhM.net
そうなれと望んだ結果が今の日本だからな
もう主人公よりヒロインのが身体能力高いとか寒い設定やめろよ

作者が途中で死んで未完で終わった漫画やアニメって何がある?

制作「声優のオーディオコメンタリーつけたろ!」

売れた理由がマジで分からんアニメで打線wwwwwwwwww


http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1454610345/

関連コンテンツ

PICK UP NEWS
PICK UP NEWS 2
PICK UP NEWS 3

コメント
1 : 超高校級の名無しさん : 2016-02-06 01:26 ID:ZmU4ZTUw ▼このコメントに返信
娯楽のジャンルとして、”読書”はもう超えてると思う
だが”文学”を超えるのは無理
文学とアニメでは表現できる情報量とその奥行がまるで違う
アニメという映像媒体となっている時点で見た目のイメージを与えすぎてしまっているために普遍化し易すぎる
文学が学問として成り立っているのは一つの作品に対しての解釈のあり方が多様であるため議論の余地が存在することに起因する
10世紀先まで語り続けられる余地のあるアニメ、漫画が今現在あると言うなら教えてくれ
それに賛成だ!0 それは違うぞ!0
2 : 超高校級の名無しさん : 2016-02-06 01:47 ID:NjE3Yjg5 ▼このコメントに返信
別にエンタメはエンタメでいいじゃん
なんで退屈で小難しい純文学の真似しなきゃいけないんだよ
まあ、需要があるなら誰かが描くし、なければ消える、それだけだ
それに賛成だ!0 それは違うぞ!0
3 : 超高校級の名無しさん : 2016-02-06 01:49 ID:Yzk4YWM4 ▼このコメントに返信
10世紀先まで語り続けられる文学とか稀すぎるだろ・・
そもそも文学自体をアニメ化するのが
少数すぎるので(多くがラノベや漫画)
これらをアニメ化して面白くに仕上げる人材があまり育ってない。ラノベにも小説として上手いと思える作品があるのを知っているが、アニメ化したらテンプレに成り下がっていた。作画コストが高すぎるのか?とにかく脚本と演出のレベルが低すぎる。文学を扱いたかったら世界の映画監督から学ぶべきだよ。
それに賛成だ!0 それは違うぞ!0
4 : 超高校級の名無しさん : 2016-02-06 01:56 ID:Y2QwM2I0 ▼このコメントに返信
※1
何が残るかわからんが、記録としては大抵は残ってるんだろうな。とりあえず手書き最高峰としてジブリは教科書に載るんじゃね?紫式部日記・栄花物語・新猿楽記この辺が11世紀の作品だ。今でも親しまれてると言うよりマニアが好んで楽しむものになってる。たぶん同じような存在になってるとは思う。鳥獣戯画を楽しむ様に限定したイメージを与えても残るものは残る。
何が普遍かは未来の人間が決める事だからな
それに賛成だ!0 それは違うぞ!0
5 : 超高校級の名無しさん : 2016-02-06 02:04 ID:Y2QwM2I0 ▼このコメントに返信
案外「ユリ熊嵐」が数世紀後に大絶賛されてるかもしれないし未来や世界のことはわからんよ。宮沢賢治も同人誌数冊売って雑誌にちょいちょい載せただけで死後有名になったしな。未来のスピルバーグ級の監督が「あれは参考になった」とか言えば美術館が建つ位に有名になるかもしらん。
それに賛成だ!0 それは違うぞ!0
6 : 超高校級の名無しさん : 2016-02-06 02:12 ID:MTFiOGY3 ▼このコメントに返信
そもそも競う意味が無いな
カレーとラーメンどっちがうまい?みたいな問いかけ
それに賛成だ!0 それは違うぞ!0
7 : 超高校級の名無しさん : 2016-02-06 02:41 ID:NjQxM2Q2 ▼このコメントに返信
いかにも権威コンプあふれるタイトル
それに賛成だ!0 それは違うぞ!0
8 : 超高校級の名無しさん : 2016-02-06 05:04 ID:YmFmNTYw ▼このコメントに返信
日本の純文学は太宰治、夏目漱石、谷崎潤一郎、芥川龍之介など誰をとってもドストエフスキーの影響が大きく、特に人物造形において顕著なのだが、それは巡りめぐって直接間接的に多くの漫画やアニメにも現れているから、より深く味わいたいと考える人は『罪と罰』くらいは読んでおくべきだと思っていたら、それをSHIROBAKO第6話の中でリーちゃんが「ドストの罪と罰、まじ面白くって」「ラスコーリニコフ、まじキャラ立ってます」という言葉で言い表していてくれて嬉しかった。
それに賛成だ!0 それは違うぞ!0
9 : 超高校級の名無しさん : 2016-02-06 05:07 ID:MzhkOWM4 ▼このコメントに返信
てか文学がサボってるようなテーマを漫画がやってたりする訳やん
闇金ウシジマくんとか、ああいう世相の切り取り的なのは文学でこそ描かれるべきだったかなと
アニメなあ・・・う~ん、もっとお手軽に、個人でアニメ作れるぐらいにならないとまだ作品じゃなくて商品の域は越えられんでしょ
それに賛成だ!0 それは違うぞ!0
10 : 超高校級の名無しさん : 2016-02-06 05:11 ID:MzhkOWM4 ▼このコメントに返信
そもそもアニメはオリジナルで勝負してるのがジブリぐらいじゃ・・・
それに賛成だ!0 それは違うぞ!0
11 : 超高校級の名無しさん : 2016-02-06 07:04 ID:ZjI4YWQ0 ▼このコメントに返信
古典文学って言い回しが現代では難解に感じられるだけで、内容で比べたらアニメや漫画とさして変わらんのも多いだろ。
無駄に神格化して萎縮してるだけじゃねえの。
それに賛成だ!0 それは違うぞ!0
12 : 超高校級の名無しさん : 2016-02-06 09:33 ID:Y2QwM2I0 ▼このコメントに返信
※11
「とりかへばや物語」「南総里見八犬伝」は当時のラノベだろうな。
それに賛成だ!0 それは違うぞ!0
13 : 超高校級の名無しさん : 2016-02-06 12:49 ID:MDcyMTJl ▼このコメントに返信
※1
質問がおかしく感じる

10世紀先まで語り続けられる余地のある文学が今現在あると言うなら教えてくれ

こう聞かれたらなんて答える?
文学は終わり、エンタメとしてのアニメ、漫画が残ってるだけでしょ
それに賛成だ!0 それは違うぞ!0
14 : 超高校級の名無しさん : 2016-02-06 13:37 ID:MGU4YmQ4 ▼このコメントに返信
すでに超えてる。
それに賛成だ!0 それは違うぞ!0
15 : 超高校級の名無しさん : 2016-02-06 16:52 ID:NGMxMWM0 ▼このコメントに返信
アニメはいまや単なる広報装置では?
それに賛成だ!0 それは違うぞ!0
16 : 超高校級の名無しさん : 2016-02-06 17:33 ID:Y2QwM2I0 ▼このコメントに返信
※15
広報装置だからって評価されないわけでは無いからな。ロシアのプロパガンダアートでも評価されるわけだし、浮世絵・春画・広告、何でも有りだ。
25世紀には20枚つづりのセル画が数億の値で取引されてるかもよ
それに賛成だ!0 それは違うぞ!0
17 : 超高校級の名無しさん : 2016-02-06 23:40 ID:ODcxOWQ1 ▼このコメントに返信
そもそも文学を超える必要が理解できない。
しょせんは大衆娯楽、フィクションなんて古代からサブカルでしかなかった。
あの源氏物語でさえ、当初はフィクションだからと蔑まれてきた。
それに賛成だ!0 それは違うぞ!0
18 : 超高校級の名無しさん : 2016-02-07 11:28 ID:MTcxZTlh ▼このコメントに返信
※17
源氏物語うんぬんは賛成できない。
あの時代、男が作る和歌や漢詩が文学として扱われていて、女が(もしくは女を装って)作った物語や日記は、文学として見なされていなかっただけ。そういう意味では軽く扱われていたわけだが、話の筋としてはちょっと違うだろ。

それからだいぶ後の時代になって、宗教的な理由からフィクションで人心を紛らわせることを忌避するようになって、紫式部が死後、一旦は地獄に落とされたという扱いにされた。
これは江戸とかその時代の前で、国学者が過去の作品の再評価をするまで続いたんじゃなかったか。
それに賛成だ!0 それは違うぞ!0
19 : 超高校級の名無しさん : 2016-02-07 11:52 ID:MTcxZTlh ▼このコメントに返信
文学、演劇、絵画、音楽、舞踏。
その後に生まれた漫画、映画やアニメなどの映像作品なんかも含めて、どれが何を超えてるのかとかはあまり意味のない議論だと思う。

現代のアニメや漫画に、普遍的な価値が見いだされるか、もしくは、世相を映し込んだ記録しての価値が見いだされるなら、それらの作品は後世に名を残すことになる。

高い作家性を持ったものなら前者になる可能性もありそうだけど、平成に入ってからのものにはほとんどない気がするなぁ。ラノベ作品群なんて過去のテンプレの焼き直しか再構成でしかなく、後者のひとつとして全部まとめて十把一絡げ的な扱いにしかならない程度の価値な気もするし。
それに賛成だ!0 それは違うぞ!0
20 : 超高校級の名無しさん : 2016-02-10 01:21 ID:OTg1OWZi ▼このコメントに返信
※19
十把一絡げ的な扱いにはなるだろうが平成以降は手書き円熟期&CGの初期として残りそうな気はする
進撃・化物語・まどか・けいおん!のどれかは残りそう。案外シドニアとかがCG初期の代表作として美術史に残るかもしれないし、未来に出来る万能翻訳機とかの影響で「ゆゆ式」とか「四畳半神話大系」の会話劇がHITするかもしれないし、ディフォルメ美学としてキルラキルが好まれるかもしれない
それに賛成だ!0 それは違うぞ!0
21 : 超高校級の名無しさん : 2016-02-12 02:25 ID:YzljMzNj ▼このコメントに返信
多くの人に売れる必要があるメディア程名作は出にくいと思う
それに賛成だ!0 それは違うぞ!0
22 : 超高校級の名無しさん : 2018-08-25 03:49 ID:NDBmZGUw ▼このコメントに返信
香川県ルーちゃん餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の大けがを負わせた犯罪企業.裁判も偽証しまくりで逃げ切り.中卒社員岸下守の犯行.
それに賛成だ!0 それは違うぞ!0
23 : 超高校級の名無しさん : 2018-09-04 07:49 ID:NDRiZTkz ▼このコメントに返信
香川県ルーちゃん餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の大けがを負わせた犯罪企業。中卒社員岸下守の犯行。
それに賛成だ!0 それは違うぞ!0
24 : 超高校級の名無しさん : 2018-09-15 02:38 ID:Mjk0MTg2 ▼このコメントに返信
香川県ルーちゃん餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の大けがを負わせた犯罪企業。中卒社員岸下守の犯行。
それに賛成だ!0 それは違うぞ!0
25 : 超高校級の名無しさん : 2018-09-25 08:33 ID:YTc5NWZi ▼このコメントに返信
香川県ルーちゃん餃子のフジフーヅはバイトにパワハラの末指切断の大けがを負わせた犯罪企業。中卒社員岸下守の犯行。
それに賛成だ!0 それは違うぞ!0
コメントする
コメントする
名前
コメント

・投票ボタンを設置しました。賛成or反対の
 数値でコメントの色、サイズが変化します
 押した際はF5、ページ更新で反映されます
・「※数字(例※1)」でアンカーになります
・アダルト用語やhttpはNG設定になってます
・記事に関係ないコメント、不適切な
 コメントは削除する場合があります
・不適切なコメントを何度もする場合は
 規制対象になります。ご注意ください
 

業務連絡

MAG速 漫画・アニメ・ゲーム速報
漫画、アニメ、ゲーム、声優、オタク系まとめ

最新記事

カテゴリアーカイブ

月間アーカイブ

おすすめ

ゾンビランドサガ 源 さくら 1/7スケール PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア

上野さんは不器用「上野」1/8スケール 塗装済み完成品フィギュア

私に天使が舞い降りた! 「白咲 花」制服ver 塗装済み完成品フィギュア

Re:ゼロから始める異世界生活 レム&ラム Twins Ver. 1/7スケール PVC製 塗装済み完成品フィギュア

戦姫絶唱シンフォギアGX 響 天使Ver. 1/7スケール ABS&PVC製 塗装済み完成品フィギュア

ゾンビランドサガ 水野 愛 1/7スケール PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア

ファニーナイツ 艦隊これくしょん 艦これ 駆逐艦 ジャーヴィス 1/7スケール ATBC-PVC製 塗装済み 完成品 フィギュア

人気記事